山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 園の特色 > 幼児絵画・音楽・体操あそび  a.幼児絵画及び幼児画展について

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


幼児絵画・音楽・体操あそびについて



 子どもが夢中になって、いきいきと遊ぶことは、“生きる力”に大いにつながります。工夫したり、悩んだり、納得するまで繰り返すなかで、思考力や想像力、そして、意志が育まれます。

 それを実現するために当園では絵画、音楽、体操あそびを大切にしています。





a.幼児絵画及び幼児画展について

 幼児絵画 ― それは生涯、自分で感じたことを自信を持って表現できる、これから必要な人間を育てます。

 小手先だけの技術を習得するような誤った指導は絵を描けなく描かなくなるだけではなく自己表現に自信が無くなるかもしれません。

 当園では、2年に一度、園児たちの作品の発表の場として、そして創造性・自発性を失った我々大人たちに喜びを注いでもらうために「幼児画展」を開催しております。







2017年3月に開催された「荘内教会保育園 幼児画展」パンフレット表紙と荘内日報2017/3/15掲載の矢澤園長の投稿



<1.キリスト教保育とは       2-b.ぽこ・あ・ぽこについて >


キリスト教保育とは? 絵画・音楽・体操について 当園の国際交流







園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2018  Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved