山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 世相を見ながら

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





2021年1月16日

アメリカへの期待

矢澤俊彦



 アメリカの大統領就任式を見て、私も深く安堵した。これならこの国は進んでいけそうだと思った。バイデンさんのスピーチに、私は久しぶりに、人の魂の底から湧きあがってくる誠意の力を感じた。国に大きな分断を招来させた前任者の罪悪をひと言も非難せず。「ひたすら前に進もう」と呼びかけた。それに深く同意し「よし、この人と共に立ち上がろう」との空気が満場を包んでいるのを見て、私はなんだかうらやましくもなった。

 米国はすべての人が神の下に平等に創られていることを国是とし、それを生かす「民主」主義を目指して努力してきたはず。でもこの度もう少しで、人権も法もない大変な野蛮国家に転落する危険にあったのだ。それというのも、トランプ氏の考えが、世界はジャングルだから、とにかく強い力を持つしかない、という誤りに基づいているから。今回、黒人女性のハリスさんが副大統領に選ばれたのは、その哲学の明確な否定からである。

 彼女の宣誓の声に涙する人も多かった。

 様々な人々が住んでいるこの地球。この人々が果たして「共に生きる」ことができるかどうか。アメリカはその一大実験場だと言われてきた。それは今も変わらないだろう。

 20日の晴れやかな就任式に感動した私は、アメリカへの新たな期待と希望がよみがえってくるのを感じた。78歳の新大統領の叫び。国をどん底から立ち上がらせようとする不退転の決意に打たれた。日本の高齢者も激励を受けたに違いない。

 

★ なお、就任の祝賀行事は数時間以上も続いたが、伝統を感じ、愛国心を刺激する歌や音楽はじめ、詩の朗読や真摯な祈りなどを上手に組み合わせた演出は、素晴らしいものでとても明るく力強いこの時間は、コロナへの鬱積した不安や厳しい寒さを忘れさせるものであった。

荘内日報に掲載されたものです



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved