山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





教会に毎週行こう

2022年3月22日

(礼拝カード NO.47 お話 優先生)

 おなかの空いたイエス様に、悪魔は言いました
   お前が神の子ならこの石をパンにしろ
    イエス様は誘惑に打ち勝って言いました
     人はパンだけで生きるものではありません


★ イエス様は一人お祈りしています。そこはごつごつした岩があるだけ。草木1本もなければ、泉もなく、生き物の姿は全くない、ひどく荒れ果てたところです。イエス様はそこにいて、何も食べず飲まず、ただ神様のことだけを思い、讃美歌を歌い、お祈りをしていると、心は喜びでいっぱいです。でも40日もそうしていたんです。すごいですねえ。でもここまでくると、さすがのイエス様も急におなかがすいてくるし、のどがからから・・・・目が回りそうでふらふら。「神様、助けて」と心の中で叫んだ・・・するとまわりのゴツゴツした岩がおいしそうなパンに見えてきた。手をのばす・・・・でもそれがパンであるはずがありません。そのときです。やってきたのは神様でなくサタン。そしてこう言ったんです。「おなかペコペコだろう。お前は神様にお祈りしていたね。それじゃあ神様にお願いして、その辺の石をパンに変えてもらったらいい。神様にできないことはないんだろうから」。やさしそうでいて、とても意地悪な声です。

★ でもイエス様はひるまず、悪魔に向かい(まさに鬼をにらみつけて)大声でいいました。「私たちは神様の言葉(命あることば)で生き生きと生きられるのだ。パンをいくら食べてもすぐおなかがすく。パンで生きるのではない」。・・・そう言い放ったイエス様はまた元気いっぱいになった。それを見たサタンは「畜生め」と舌打ちして逃げ去ったのです。

★ 別の国のお話です。ある国の王様はお祈りもせず、家来に自分の食べたいものを命じては好きな様に暮らしていました。「おい!世界で一番大きなケーキを持ってこい!急げ!早くしないと追い出すぞ!」なんて命令することもありました。せっかく家来が用意したケーキをお祈りも感謝もせず、おいしくなさそうな顔で食べるのでした。

★ 「ああ、つまらない・・・お金もたくさんあるのに・・・」とブツブツ文句ばかり。そこにサタンが近づいてきたのです。そしてこんなことを耳打ちしました。「あなたには、剣も爆弾も沢山もっているんですから、隣の国をせめて、あなたの凄さを知らしめましょう!」と。王様はその言葉にのって、隣の国と戦争を始めてしまったのです。

★ サタンは人が悲しんだり、苦しんだりする人の姿が好きなのです。なので、体が弱っている人、心の弱っている人、ブツブツ文句を言っている人に近づいては、誘惑の言葉を投げかけるのです。

★ 悪魔の力に打ち勝つには、「神様を信じる力」「お祈りする心」が必要です。これがあれば、どんなことがあっても大丈夫です。この力を、どんどん強く大きくしていきましょう。そうすると、イエス様のように、みんなを助けることもできるんですから。

★ 小学校へ行くと、お祈りすることもなくなるかもしれません。その時、「お家でお祈りすればいいよ!」との声あり。その通りです。お家で、そして心の中でお祈りしてもいいんです。そして、小学校になってもイエス様のお話を聞く場所があります。それが教会学校です。

★ 「教会学校や教会へは誰が来てもいいんです。赤ちゃんから、おじいちゃんまで。そして、世界どんな国にいっても教会はあります。そこにはイエス様についてお話してくれる先生がいます。教科書は聖書一冊です。一年中お休みはありません。そして、この教会学校には卒業がありません。だって、イエス様にバイバイしてこれでお別れです。なんていう事はないからですね。さあ、教会ってどんなところか分かったかな?」こんなに素晴らしい所を忘れてしまってはいけませんね。



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2021-2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved