山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





クリスマスの喜び

2021年12月27日

(礼拝カード NO.36 お話 奈緒先生)

★ ベツレヘム近くのさびしい道を、一人の旅人が歩いていました。すると、向こうから「ヒヒーン!」。元気な声とともに、一頭の馬が走ってきます。そして立ち止まると、「ねえ、ぼくの馬やに、大勢の人がきてね、ぼく追い出されちゃったんだ。とってもかわいくて、ピカピカの赤ちゃんが生まれて、羊飼いや博士なんかも来て大騒ぎ。ぼくも嬉しくなって、みんなに知らせようと走ってきたんです。ぜひ行ってみてね。ヒヒーン」。

★ そこで旅人が星の光がさしている馬小屋に行ってみると・・・やっぱりすごい。オオカミやライオンまで神妙かつ嬉しそうに頭を地面にこすりつけて礼拝してる。旅人が聞いてみると、博士さんの様子に圧倒されて、ついてきたんだそうです。

★ そばにいた娘さんもこう言いました。「私は近くの宿屋の娘。このあたりじゃいたずらっ子で有名でした。さっきもお母さんのいいつけで、いやだったけど、ここにわらをしいたんです。でもこんな赤ちゃんは見たことがありません。私にかわいく笑いかけてくれる。もうこれまでの心のもやもやが、みんな吹き飛んでしまった感じ。もういたずらもいじめもしないぞって、今決心したんです」。

★ そこへ駆け込んできたのは、おかみさんでした。「ご、ご、ごめんなさい!さっきは宿屋から追い出してしまって。探していたら、ここに星がつれてきてくれたんです。マリアさん、赦しておくれ。これからは優しい人になるから・・」。そう言って、おかみさんは号泣しながら、イエス様を拝んだのです。

★ まだいます。それはやっぱり博士さんを襲った強盗たち。いかついこわい顔をしているのに、泣いています。博士の話で心変わり。長い旅の間、ガードマンになってくれた4人でした。「もう悪いことはしないぞ」、と固く決心をしているのです!

★ 旅の人は思いました。「ああ、長い間あちこち旅をしてきたのは、この赤ちゃんに出会うためだったんだ。大きくなったら、みんなの心をますます綺麗にし、元気にする人になるだろう。このイエス様こそ世界の救い主に違いない」。そこで旅の人も、頭を地面にすりつけて礼拝し、大きな声で歌を歌ってあげたんです。

★ こうしてイエス様を拝む人たちはどんどんふえていき、クリスマスの喜びも世界中に広がっていったのです。

(まとめ-園長)



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2021-2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved