山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





あなたの家の前に乞食がいます

2021年11月29日

(礼拝カード NO.32 お話 優先生)

★ 今日から教会で礼拝を行いました。「教会はイエス様・神様のいるところだよ」と園長先生のお話に、みんな興味津々で教会を見回していました。クリスマスを迎えるまで、毎週教会での月曜礼拝となります。嬉しいですね。

★ ある所に大変なお金持ちが住んでいました。毎日ぜいたくに遊びくらしています。家も御殿みたいだし、食べ物も豪華です。お金持ちはいつも友達を呼んでは飲み食いです。さて、その近くに身体の弱ったラザロという乞食がいました。ボロをまとい、いつもおなかはペコペコ、そして全身に赤いできものができて、みんな気味悪がって近づいてくれません。でもやっとの思いで、その金持ちの家まで、地面をはうようにしてたどり着いたのです。

★ 「何か食べるものをください」。大きな声を出したつもりなのですが、蚊のなくような小さな声です。それでも、お家」の家来が聞きつけて怒鳴りました。「汚い乞食野郎、ここはお前なんかの来る所じゃない。遠くへ行け、シッ!シー」と、ヒドイものです。そして水一杯飲ませてはくれなかったのです。

★ かわいそうに、ラザロはそのまま息絶えました。家来は「ややっ、死んだのかな。お前、見てこい」と下役に命じると、下役は棒きれをもってきて、ラザロを突つき、云いました。「もう動きませんぜ」。そこでまた命令しました。「しかたない、ゴミ箱に捨ててこい」。捨てられたラザロに腹ぺこの野良犬がきて、できものをなめていましたが、その犬も動かなくなってしまいました。でも、そこにさわやかな天の光が降ってきました。イエス様が迎えに来てくれたのでしょう。

★ やがてお金持ちもブヨブヨに太って病気で死んでしまいました。大きくて立派なお葬式でしたが、それからどこへつれていかれたと思う?(子らはすぐ「地獄」との声、すごいな、と思いました)。そこはあちこちにいつも大きな火が燃えていて、その暑さでやけどしそうなんです。そこで神様に叫びました、「熱くて熱くてたまりません。どうかラザロを呼んで、天へ連れて行ってください」。・・・

★ でも神様はこう答えました、「それはムリですよ。生きてるとき、お前はあんなに遊び暮らし、乞食のラザロを見捨てていたじゃあないか。だから今度はお前さんの苦しむ番なんだよ」。

★ みんなは、今のお話でいうとどっちに近いかというと、食べ物も着物もお家もあるし、あのお金持ちに近いと思います。でも貧しいラザロさんたちを助けられる人になりたいですね。



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2021-2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved