山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





大きな魚の中で祈ったヨナさん

2021年7月26日

(礼拝カード NO.16 お話 青塚先生)

★ ヨナさんという男の人がいました。神様を信じていつもお祈りをしていました。
さてある時、ヨナに神様の声が聞こえてきました。「さあヨナ、ニネベの町に行って私のことを伝えなさい」。・・・ヨナは驚いて訊きました、「えっ、ニネベですか?」、「そうだ」・・・神様は念を押すように言われました。

★ 「これは大変なことになった、どうしよう」、とヨナさんは悩みました。どうしてって、ニネベはサイコーに悪名高い町で、乱暴者・悪人・犯罪者はじめ「たち」が悪く、人をだましたりいじめたりする人が沢山、神様を信じる人など誰もいないかのようなのです。そこで神様の話でもしたら、きっと袋叩きにあうでしょう。

★ そこでヨナは神様の目から隠れて逃げ出すことにしました。港に走ってみると、ちょうどタルシシ行きの船が出る所でした。タルシシは遠い遠い外国の町、「しめた、これに乗れば大丈夫」と思った彼はその船に飛び乗ると、安心したのか船の一番底に下りていって、ビヤ樽の中で大いびきです。ここに隠れていれば、神様にも見えないだろうし、あきらめるだろう、遠くへ行けるし、何せ何百人という客なんだから、などと思ったことでしょう。

★ ところがしばらくすると、大変なことになりました。快晴だった空がかき曇ったかと思うやいなや、前面を覆った黒雲から大粒の雨が・・・。また同時に大風が吹き出し船は大揺れ。突然のことで大騒ぎになりました。「このままじゃ船が沈むぞ」「重い荷物を捨てろ」「バケツで水」をかき出せ」・・・船長さんの声が響きます。

★ でも嵐はますます勢い盛ん、泣き出しわめくお客さんもいます。でも船長さんは不思議に思いました。(この海の荒れ方はいつもと違う・・・まるで天の神様が怒り狂っているようだ・・・そうだこの船の中に誰か神様をひどく怒らせたヤツがいるに違いない・・・・・・)。

★ そこで船長さんはみんなを集め、ひとりひとり自分の信じる神様に祈るように言ったのです。一生懸命祈る人々。しかし、神様の怒りは収まりません。「どうしたらいいんだろう・・」と船長さんが思い悩んでいると、船底から「グーグー」。あれは何だ、この嵐の中でも聞こえる変な音・・・「あれは誰かのいびきだ」。こうしてヨナは見つけられて、みんなの前に引きずられてきました。

★ 「すみません、神様を怒らせたのは私なんです。私は神様のいいつけを守らず、ニネベにいくのが嫌で、このタルシシ行きに乗ったのです。だから船長さん、私をどうか海に投げ込んでください。そうすれば必ず海は静かになります」。
船長はかわいそうに思いましたが仕方ありません。「えぃっ」とヨナを荒れ狂う海原に投げ込んだのです。・・・・・・するとどうでしょう、もうたちまちのうちに波風はおさまり、もとのような雲ひとつない晴れ渡った大空です。・・・これは驚いた、しかしあいつの信じている神様はこの海をも支配しとる。この大自然を自由にあやつることが出来るようだ。さあみんな、これまで勝手に信じてきた神仏を捨てて、あの本当の神様にお祈りしようではないか!」。そこでみんな「天地の神様・・・」と祈りの大合唱です。

★ でも・・・そう、ヨナさんはどうなったのでしょう?おぼれて死んでしまったのでしょうか。・・・ヨナさんは生きていました。でも首には草が巻きつき、体は水びたし、「ここは何処だろう」とまわりを見渡すのですが・・・すべて今まで見たこともない不思議な場所なのです。でもヨナさんは苦しい中で、懸命に神さまにお祈りしました、「神様、あなたを怒らせてしまって御免なさい。神様の目をごまかせると思っていた私が悪かったんです。あなたの目はタルシシでも、ビヤ樽の中にでも、地の果てまでも見ることができます。私は馬鹿でした。もう逃げません。もし私をもう一度生かしてくださるなら、すぐニネベに参りましょう・・・・・・」

★ そこは何と大きなお魚のおなかの中だったのです。ヨナは苦しみながら3日3晩お祈りを続けたのです。「ハクショーン、・・・・・・ビューン」・・・気がつくとヨナさんは空中を海鳥のように飛んでいます。「あれっ,そうか魚が、くしゃみをしたんだ」。
 その次の瞬間ヨナは、陸の砂浜にすわっていました。・・・もし誰かが空飛ぶヨナさんを見たらびっくりしたでしょうね。それから船長さんたちが、あとで会ったら、これも仰天して、ますますヨナさんの神さまを信じたことでしょう。

★ でも私達はもうそういうヨナさんに会っています。もうびっくり、すごい力のある神様なのですからね。だからヨナさんのように神様から逃げよう、と思っても無駄ですね。神様はやさしい方なんですから、安心して言われるようについていきましょう。えっ、あれからヨナさんはどうしたかって? 勇気100倍になって、あの悪の町ニネベで神さまのことを話に行ったことは間違いありません。



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2021-2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved