山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





海が割れて乾いた土が

2020年10月12日

(礼拝カード NO.26 お話 裕子先生)

★ 昔エジプトという大国の王様パロは大変意地悪な王様、強権を持って人々を治めていましたが、特に外国人であるイスラエルの人達を手荒くきびしく支配し、宮殿や道路などをつくるのに酷使していたのです。休ませもせず、炎天下、ムチを使って働かせ続けるものですから、倒れたり、病気になる人が続出したのです。でも医者にみてもらうことはできません。毎日死人が山のように出ました。本当にひどい話です。

★ そこにモーセという人物がいました。この人は元々イスラエル人なのですが、ふとしたことからエジプトの王妃に拾われ、この王宮で育てられたのでした。そのモーセが大きくなって同胞が毎日ここの王様にヒドイ目にあっているのを見て、本当に心を痛めていたので、事あるたびに「王様、もうそろそろイスラエルの人々を自由にしてやってくれませんか?」と、頼み続けていたのです。

★ 憎からず思っていたモーセから何度も頼まれるものですから、ある日とうとう王様は「じゃあ、勝手に出て行くがいい」と言ったのです。モーセは感謝しながらも、これは注意しないと、いつ心変わりがしないとも限らないぞ」と思いました。どうしてって、エジプトにとって彼らはとても有難い労働力だったからです。

★ 警戒しつつモーセはイスラエルの仲間達に「今夜0時にこの国を出て行く」と伝えました。その知らせは何千何万といる同胞に矢のように速く伝えられたのです。その時が来ました。ヒドイ目に遭っていた人々は喜びを押し隠しながら、なるべく音をたてないようにして、抜き足差し足でエジプトを出ていったのです。

★ それはそれは大変な脱出の旅でした。何しろ高齢者から赤ちゃん、病人も身重の女まで、あらゆる人がいるのですから。馬やロバに乗ることもできず、かついだりおんぶしたり担架に乗せたりですから。それでも少しでもエジプトから遠くへ行こう、と皆必死なのです。神様が守ってくれたのでしょう、3日たって野原でやっと一休みしたのです。「ああ、助かった。これならナントカ脱出できそうだ」、とみんなが一息ついていた時です。

★ 遠くの方から妙な音です。それが馬のひずめの音であることは、すぐわかりました。「やっぱり・・・大変だ。王様が我々をまた捕まえるために軍隊を連れて追っかけてくるのだ。神様、助けて下さい」、そう祈りつつみんなに云いました。「あわてるな、落ち着くんだぞ。さあ、私について来なさい。きっと神様が助けてくださる!」

★ そこでみんなはモーセについて必死に逃げ始めました。しかし間もなく、・・・「うわっ、ダメだ。こんな海が目の前だ」。そうです。向こう岸も見えないくらい大きな海が眼前をふさいでいるではありませんか! 後ろからは馬に乗った大軍、目のすぐ前には大海です。絶体絶命とはこの時のことでしょう。「もうダメだ」と思ったイスラエルの人達は「モーセ、お前のせいで、俺たちは皆殺しだ」と食ってかかりました。

★ でもモーセは大きな声でみんなに言いました。「まず落ち着いて静かにし、神様に叫びなさい。神様は必ず助けて下さる」。そういいながら、モーセは持っていた杖を海の上に高く掲げて祈ったのです。すると世にも不思議なことが起こりました。何と、みるみるうちに、大海のまん中が真二つに分かれ、水が両側に大きな壁となって逆巻きながら止まっているではありませんか!「うわっ、これは何だ!!これこそ神様のお助けだ。

★ 中央の道は砂漠の土のように乾いています。貝も海草も見当たりません。時々水からいろんな魚が飛び出してきます。「よーし、急いで渡るぞ」。モーセのかけ声で、イスラエルの人々がその道を駆け抜けました。みんなやっと渡りきったところにエジプトの軍隊とパロが追いつきました。しかし・・・モーセが杖を海の上からおろすとどうでしょう。一瞬にして、真ん中の道は消え、海は元通りになってしまったのです。あとには「ヒヒーン」という馬のいななきが海の中から聞こえてくるだけです。

★ 万歳、モーセ、凄い、神様はやっぱり私達を助けてくださった!もう何があっても神様を離れないぞ。困ったことがあっても、まず落ち着き、天の神様に叫び求めよう」。皆口々に叫んだのです。モーセもこのことを深く深く心に留めました。

★ これはとても不思議な話ですが、私達に大きな力となります。前には大海、後ろからは敵が追いかけてくる。そういう絶体絶命と見える時、祈りによって天からの不思議な救いがやってくるというのです。これがキリスト教の力の秘密です。

 これは今日のお話を少し大人向きに書き換えたものです。



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved