山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





エデンの園からの追放

2020年9月23日

(礼拝カード NO.23 お話 千文先生)

★ 神様が初めて創られた人間はアダムさんという男とエヴァさんという女の人でした。二人はとても仲がよく幸せ、与えられたエデンという大きな庭で、毎日遊んだり、畑を耕したり楽しく過ごしていました。

★ そんなある日、神様は二人を呼んでこんな話をしました。「いいですか、この庭にはいろんな実をつけるいろんな果樹があります。そのどれをとって食べてもいいですが、ただその真ん中の大きい木の実だけは食べてはいけません。これだけはしっかり守ってください」。神様の真剣な顔つきを見て、二人は「はい、わかりました」と答えたのです。

★ さてしばらくすると、ずる賢いへびがやってきて言うんです。「あの木の実を食べるな、なんて神様ほんとに言ったのかな。聞き間違いじゃない?神様あれを一人占めしたくてそんなことを言ったんじゃない?」。

★ 翌日もへびが来て誘惑します。「見ろ、あの木の実の多さを。たった一つだけなら。神様だって分かりっこないよ」。その巧みな誘いにグラッ、ときた二人。その夜はそれが気になってよく眠れません。

★ 3日目。落ち着かない二人にへびは、「あれはおいしいだけじゃない、知恵の実といってな、食べると神様のように利口になるんだよ」。この言葉にもうがまんができません。スルスルと木にのぼり、それでも小さめの目立たないのをパクリ、下ではエヴァが「わたしにも」とせがむ。こうしてついに、二人は神様との大事な約束を破ってしまったのです。

★ 困ったことが起こりました。その実を食べた瞬間から二人の心に黒雲が湧き出し、それまで経験しなかった不安や恐れが占領するようになったんです。・・その夕方、二人は神様がやってくる音を聞き、物陰に隠れたのです。そんなことをしたことはなかったのに。「さあ、出てきてあの実を食べた理由をいいなさい」。仕方なく、「このアダムが食べろ、とくれたんです」とエヴァ。「あのへびが大丈夫だ、一つくらい、と誘惑したんです。」と、醜い責任のなすりあいが始まりました。

★ それからです。世の中がこんなに暗くなったのは。神様を私達の心の中から追い出すとき、必ず黒雲が支配します。責めあいやけんかや戦争も起こります。

★ これは、本当に困ったことです。それを自分の力でどうすることも出来ないからです。そんな悲しい私達の様子を見ていて神様も悲しみ、なんとかしなくてはと思いました。そこでとうとう、素晴らしい人をおくってくれたのです。それは誰でしょう?そうです。イエス様です。私たちをもう一度、神様のもとに連れて行って、神様との約束を守れるようにしてくれたのです。イエス様が心に住んで下さるときに、心の黒雲は消えて、世界はまたあの楽しいエデンの庭のようになるのです。さあ神様に「ありがとう」をいい、大きな声で祈りましょう。



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved