山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





人間をとる漁師になる

2020年5月18日

(礼拝カード NO.6 お話 千文先生)

★ イエス様は、その当時たった一人。ガリラヤの湖のほとりにやってきました。夜が明けて間もなくのことです。すると、一人の漁師さんがしょんぼりしながら破れた網を繕っています。ガッカリしたような、寂しそうな、つまらなそうな顔です。気になったイエス様が近づいて尋ねると、「困ったもんだ。もう半月も不漁続きだ。家族5人食べるものもねえ。心配したウチのばあさんは、寝込んじゃったよ。」と言うのです。「そうか、それじゃあ、私をその船に乗せて沖に連れて行ってくれないか?」変なことを言うと思った漁師さん、その人を見てもどこかの平凡なおじさんのようで、嫌だなと思いつつも、「いいですよ。」と返事をしてしまいました。

★ 沖に出たところで、「さあ、このあたりに網を下してみなさい。」でも、ここには何回も網を下しているのにと、思いながら漁師さんは、「まあ いいや」と大きな網を湖に投げ入れました。しばらくすると、網に手ごたえがありました。「ややっ!これはどうしたことだ」と驚きながら、少し引き上げようとすると重くて、重くてとてもダメです。そこで、「おーい、誰か助けに来てくれ!」と叫ぶと、三人の漁師さんが駆け付けてくれ、やっと引き上げてみて、ビックリ!!大小様々な魚。また見たこともないような、貝や海草などで、船は沈みそうになったのです。それを、友だちの船にも分けてやっとのことで浜辺に着きました。こんな大漁は長い漁師生活で経験したこともありません。友だちもビックリ仰天しています。

★ この漁師さん実は名前をシモンさんといいます。漁師さんは、旅の人をよく見ました。すると、どうでしょう。その人の目は優しく輝き、その姿全体からさっきは感じなかったような、光がこちらに差し込んでいるではないですか。「す、す、すいません。どなたかはわかりませんが、こんなことは初めてです。私は、元気が出ました。これまでは、不安症で毎日ビクビクしながら、やっと生きてきたのです。よかったら、これからあなたについて行ってもよろしいでしょうか?」その人は言いました。「シモン、よく言った!私の名前はイエスだ。今日からお前は私の弟子だ。困っている人に神様の助けを与える人になろうではないか。」そう言われたシモンさん。もう嬉しくて仕方ありません。船も網もとれた魚も、みんなそこに置いてイエス様と一緒に出掛けたのです。ビックリしたのは、仲間の漁師さん達です。でも、お家で待っている家族には、この魚を持って行ってあげよう。おばあさんやお父さんも、さぞびっくりするに違いないけれど。仲間たちは、イエス様についていったシモンを見て唖然としていました。

★ これが、シモン・ペテロさんとイエス様の最初の出会いでした。親思いのシモンさんのことです。お家の人にはそれからも、やさしくしたに違いありません。

★ 人生はとかく不漁になりがち、でもイエス様が共におられるならば、大漁に恵まれるのです。



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved