山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





さあ、みんな、おいで

2020年4月27日

(礼拝カード NO.4 お話 佳純先生)

★ 村の子ども達は、いつもいたずらばかりして、大人を困らせていました。教会の壁に落書きしたり、花壇の花を抜いてしまったり・・・。
 ある日、村にイエス様とそのお弟子さんたちが来るというのです。大人たちはもちろん、子ども達もイエス様がどんな人なのか?どんな話をしてくれるのか、興味津々です。すぐにでも出掛けたくて仕方ありません。だって、お母さんと一緒にイエス様に会いに行けるからです。大人たちがイエス様の話を聞こうと集まり始めています。その時です。「お前たちは、家にいて待っていなさい!家から出てはいけないよ!」大人たちは、またいたずらするかと思って、そう言いつけたのです。

★ でも、我慢できません。友達3・4人とこっそり、イエス様がいる場所へ向かいました。どんどん歩いていくと、大きな木の下に人だかりがしています。そうです。その木陰にイエス様が休んでいるのです。たくさんの人たちは、静かにしてイエス様を見つめています。その時です。やってきた子ども達が、大きな声で「あっ、イエス様だ!」大人たちをかき分け、近づこうとしました。すると、怖い顔をしたお弟子さんが2・3人来て、「静かにしろ!ここはお前たちの来るところじゃない!今、イエス様は休んでいる。そして、大事なお話を大人たちにしてくれるのだから。」子ども達はガッカリしました。

★ その時です。「お前たち何を言っているのだ!神様はこういう子ども達が大好きなのだ。威張っていると、天国には入れないよ。」そういうと、イエス様は「さあ、おいで」と一人ひとりを優しく招いてくれました。子ども達は大喜び。イエス様は一人ひとりを抱いて頭を優しく撫でてくれました。そして、イエス様は、お母さんの背中にいる赤ちゃんも優しく撫でてくれたのです。イエス様に撫でてもらった赤ちゃんは「ニコッ」と可愛く笑っています。
 近くの木の陰でそっと覗いてた子供達もいます。その子たちは手足が不自由だったり、目が見えなかったり、家もない貧しかったりする子ども達でした。その姿に気づいたイエス様は、その子たちも近くに招いて、一人ひとり優しく抱いて、声をかけてくれたのです。イエス様は、大人だけでなく、子どもも、赤ちゃんも世界中のみんなを優しく招いて下さるのです。それを見ていたお弟子さんはどう思ったでしょうね。

(まとめ-園長)



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved