山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





さあみんな教会へ行こう

2020年3月23日

(礼拝カード NO.48 お話 安希子先生)

★ 「おはようございます(にこやかに語りかける安希子先生です。)この間は、卒園式。でも、まつ組さんに今日も会えて先生はとても嬉しいです。」 まつ組さんは、最後の礼拝です。今まで何回礼拝のお話を聞いたかわかる?なんと150回ぐらいも聞いたんですよ。

★ 色々な話の中でノアの箱舟の話を思い出してみましょう。ノアさんは神様の声を信じて、一人で何年もかけて大きな大きな船をつくりました。それを見ても周囲の人は洪水が来ることを信じず、神様の声を信じず、助かったのはノアさんと箱舟に乗った動物たちでしたね。

★ いいですか。一番大事な賜物は「神様を信じる力」です。これがあれば、どんなことがあっても生きていけます。この力を、どんどん強く大きくしていきましょう。そうすると、イエス様のように、みんなを助けることもできるんですから。

★ 小学校へ行くと、お祈りすることもなくなるかもしれません。その時、「お家でお祈りすればいいよ!」との声あり。その通りです。お家で、そして心の中でお祈りしてもいいんです。そして、小学校になってもイエス様のお話を聞く場所があります。それが教会学校です。

★ 「教会学校や教会へは誰が来てもいいんです。赤ちゃんから、おじいちゃんまで。そして、世界どんな国にいっても教会はあります。そこにはイエス様についてお話してくれる先生がいます。教科書は聖書一冊です。一年中お休みはありません。そして、この教会学校には卒業がありません。だって、イエス様にバイバイしてこれでお別れです。なんていう事はないからですね。さあ、教会ってどんなところか分かったかな?」こんなに素晴らしい所を忘れてしまってはいけません。

★ 毎日曜日 午前9時からの教会学校には是非プレゼントの聖書を持って来て下さい。



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved