山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





長く苦しい旅をした博士たち

2019年12月16日

(礼拝カード NO.35 お話 ヒトミ先生)

★ 遠い東の国。そこは本当の神様を知らない国でした。いろんな神様を拝んでいました。そこにいたのが「星占い」の博士たちです。みんなの相談にのって助けてあげていたので信頼もされ、私達の「王様」なんて呼ばれることもありました。

★ さて、博士たちには知恵も力もあるし、名声やお金もある、何一つ不自由のない人たちでしたが、どうも心に深い満足感がないんです。それに時々とても寂しくなります。さてこのさびしさ物足らなさは何だろう、とひそか、に思い悩んでいたのです。友達も家来も沢山いても、何だか元気が出ないんです。

★ そういう博士たちのひとりがあるとき西の空にあやしく輝く大きな星を見つけると、なんだか胸騒ぎがし、心があつく熱してきました。「そういえば・・・・・・」とつぶやきながら、書棚に眠っていた古い書物を取り出して調べているうちに「あっ」と叫んだ。「もしかするとこの世界の本当の王様が生まれるのかもしれない」。仲間の博士たちも集まってきて興奮していいます。「よーし、わしは老人じゃが、あの星の光を見ていると、やたら元気が出てくる。よーし、長い苦しい旅は覚悟して・・・どうです、先生方、御一緒しませんか」。

★ 博士の家族は猛反対、とうとう気がおかしくなったと嘆きました。でも3人はこの旅がどんなにつらくても、「何としても新しい王様を拝みにいかなくては・・・・・・」と出発、すごく苦しいことの連続にも負けませんでした。それは「今のままででは、自分の人生が満たされないで、幸せをとりにがしてしまう」と思ったからです。

★ 旅は長く危険でした。昼夜の寒暖の差は激しく、怖い野獣もいる。衣食住みな大変難儀をしました。「もう帰ろうか」と何度思ったかしれません。でもそのお星様をみていると、何だか勇気がわいてきたのです。 とうとうベツレヘムの馬小屋に着いた時、博士はびっくり仰天。そうか、こんな所に追い出されて、何一つ持たない・・・でもこういうところであんなに笑っている。この輝きはどういうことか。そうか、これが本当の王様なのか、何にもないようだけれど、お金なんかより、地上のどんな宝よりスゴイ。イエス様赤ちゃんの微笑みに博士たちは生まれて初めて深い満足と幸せを味わったのです。世界の救い主を拝んだ博士たちはもう別人のよう、元気一杯で東の国へ帰っていった、そして会う人達みんなに、イエス様のことを告げ知らせたのです。

★ この旅は私たちの人生をも象徴するものです。



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved