山形県鶴岡市にある「社会福祉法人 地の塩会 荘内教会保育園」

   トップページ > 情報発信 > 月曜礼拝の記録

トップページ 園の紹介 園の行事や1日の生活について 幼児絵画展や海外交流について 情報公開 入園案内やお問合せ 園職員の募集について 園長・役員・職員の投稿記事等


情報発信

情報発信のもくじページに戻る





ザアカイさんの感動は、すごかった

2018年5月28日

(月曜礼拝カード No.7 お話-安希子先生)

★ ザアカイさんはエリコという町の税金とり。道ばたに構えていて通行税をとるのですが、あくどいやり方で、大もうけをしています。貧しい人、困っている人からも手加減しないで取り立てるものですから、ザアカイはエリコで一番の嫌われ者。友達になる人は誰もいません。

★ 凄い立派なお家、沢山の御馳走、いい着物を着てぜいたくに暮らしていましたが、彼の心にはいつも大きな穴が空いたよう。冷たい風が吹きまくっているのです。

★ そんなある日、外が異常に騒がしいので、聞いてみると、もうすぐこの町にイエスさまという人が来る、というのです。彼は余りよく知りませんでしたが、何故か興味をそそられ、自分も何とかお会いしてみたい、と思ったのです。ところが、ザアカイは太っちょで、背が低かったので、みんなの人垣に阻まれて前へ進めません。

★ そこでどうしたと思います?近くに適当な木があるのを見つけると、スルスル。なぜか木登りはうまかったんです。・・・しばらくすると、大勢の人に囲まれながらやってきた人が、何とその木の前でピタリと止まったのです。「えっ、どうしたのだろう?」と思ってると、その人は目をこっちにまっすぐに向けた・・・ああ、それは何と優しい輝く目だったことでしょう。

★ そんな顔をそれまで見たことはありません。まぶしいお日さまを仰いでいるような暖かくて、小さい頃死んだお母さんの顔に似ているけど、それよりずっとずっとなつかしい慕わしいじぶんを包みこんでくれるようなお顔です。見とれていると・・・

★ 「ザアカイさん、はやーくおりてきなさい!今夜あなたのお家に泊めてくださいな」。・・・何と思いがけない言葉だったでしょう。一瞬キョトンとして・・(え、こんなに沢山人がいるのに、わ、わしの家に・・・でもどうしてわしの名前まで知っているんだろう・・)。でもの人は同じ優しい目で、じっと黙って見つめています。あたりは水をうったような静けさ。みんなザアカイを見つめています。彼の心臓は早鐘のように打ち出した・・そして「はは、はいっ、いいですとも。イエスさま。イエスです」。どうしてか自分でもわからないユーモアが飛び出していました。みなどっと笑いました。でも、そういう彼の目には・・・そう、大粒の涙です。「あっ、ザアカイが泣いているぞ」と、誰かの声。

★ でもザアカイは平気。スルスルと、凄い速さで木から下りたザアカイ。うれしくて嬉しくて、天にも昇るキモチとはこのことです。「さあ、イエスさま、私の家はこっちです。お弟子さんもいるようですね。どうぞみんなお出でください」。

★ 夕食の時、ザアカイはいろんなことを立て続けにしゃべりまくりました。小さい頃からのさまざまなことを。イエスさまに全部聞いてもらうと、それまでためこんでいたものが消えてスッキリ。心は静かな海のよう。そこでこう言いました。「イエス様、私は本当に悪い人間でした。これからはあなたにならって優しい人になります。私のお金の半分は、貧しい人にあげてしまいます」。

★ イエス様は言われました。「よかった、よかった。あなたの目も耳が大きく開いたのだ。神様も大喜びだ。これからは私とは兄弟だ」。そう言われてザアカイの目はまたぬれてきました。

★ イエスさまは翌朝出発して行きました。でもそれからというもの、ザアカイのそばには、姿は見えませんが、イエス様がいつも優しくほほえみかけていたのです。こうしてエリコの町一番の嫌われ者は、一番優しい、皆から愛される人に変わっていったのでした。



情報発信のもくじページに戻る



園長

社会福祉法人 地の塩会
荘内教会保育園
理事長・園長 矢澤俊彦

997-0034 山形県鶴岡市本町3丁目5-36
電話/FAX 0235-25-7070
ホームページ  http://skh.tyo.ne.jp/
リンクフリーです。文書・写真・図版等のコピー・二次利用はご遠慮願います。
Copyright(C)2018 Chi no Siokai Shonai Kyokai Hoikuen and T.Y.Office Inc. All Rights Reserved